失敗事例

医局というのは、日本独自の医学を伝授する機関でしたが、2004年に法律が改正されて以後、医局は必ずしも絶対の存在ではなくなりました。しかしながら、やはり医師の世界というのは狭いもので、医局の影響力というのは依然として大きいものです。退局時にもめたことによる医師転職の失敗例をご紹介しましょう。

医局をやめたい、転職したいと医師の皆さんが思われるとき、たいていの場合は教授や同僚との人間関係が悪かったり、望むだけの経験をさせてもらえなかったりといった不満があるからです。しかしながら、いざ医局をやめるとなったときに、もう縁のないところだからと、これまでに蓄積してきた不平不満をぶちまけたらどうなるでしょうか。

後進のためと思って、今の医局の問題点などを洗いざらい話して辞めたというお医者様がおられるのですが、これが実は大失敗です。転職してからも、「あの先生は医局を勝手に辞めた」「教授と喧嘩別れしたらしい」「みんな耐えてきている医局なのに、あの先生は忍耐力が無いに違いない」などという悪い評判が、医局を辞めた後、ずっとついて回ってしまっているのです。

ですから、医局を辞めて転職する場合には、円満退局を目指しましょう。どんなに医局や教授に不満があったとしても、それらの不満は一切口にせず、「実家の親の介護があるので引っ越す」とか「妻の転勤に合わせてやりたい」とか、個人的な理由を掲げて辞めると、円満に退局できますよ。

失敗事例

「転職すればもっと楽になる」「転職すればもっと給料が上がる」と思って転職する医師は多いです。しかしながら、中には失敗してしまう例もあります。あなたが転職の際に失敗しないよう、失敗例をご紹介しますので、参考にしてください。

転職したものの、転職先の労働環境が良くなかったという事例をご紹介しましょう。

ある医師が、医局の人間関係、特に上司との関係がうまくいかなくて転職を決意しました。給与も上がりそうだし、今度こそ毎日しっかり働けると思っていたのですが、新しい職場は人手不足で、スタッフが多忙を極めていました。もちろん、当直も多く、プライベートなど無いに等しいくらいです。どうやら、多忙すぎる職場環境に耐えられず、スタッフの入れ替わりが激しい職場だったようです。だからこそ、良い給与条件での求人が出ており、すぐに転職できたわけです。しかしながら、この医師がそのことを知ったのは、転職後、実際に働いてみてはじめて……だったわけです。求人情報に掲載される条件の字面だけでは、実際の職場環境について知ることはできなかったのですね。

このように、求人情報の条件だけでは魅力的に思えても、実際に働いてみると転職先の労働環境が良くなかったということはあり得ます。転職を決める際には、実情まで調べたうえで決めましょう。

失敗事例

医師になれば、人生楽勝だと思っていませんか。もちろん、一生モノの資格ですし、普通に医師として働けば、平均以上の収入は保障されるといっても過言ではないでしょう。しかしながら、医師というのは給与に見合わないほどの激務であることもあれば、リスクが大きい仕事でもありますから、奥さんをはじめとする家族の支えというのは、いっそう大切になってきます。

特に、独立・開業するとなると、ご家族の協力は欠かすことができません。プライベートと仕事は分けるから大丈夫、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、開業となるとそうはいきません。妻の反対を押し切って独立・開業して、結局家庭崩壊・離婚などになってしまうという最悪のケースもしばしばあるのです。

どのような点において、ご家族の同意を得られないのか、いくつかご紹介しましょう。

まず、開業となると、莫大な資本金がかかります。病院のハコを構えるのにもお金が要りますし、レントゲンやエコー、その他の医療機器をそろえるとなると、莫大なお金がかかります。勤務医を続けていれば貯金として手元に残るはずのお金ですから、それを開業に充てるのには、奥様の同意を得ておきましょう。

それから、ご自宅と新規開業するクリニックとの距離の問題もあります。ご自宅とクリニックが近すぎると、日常に出会う人出会う人が患者さんやその家族、ということになり、私生活が息苦しく、別居を望むご家族もいらっしゃるようです。そこで、敢えて車で数十分かかるところにクリニックを構える開業医の方もいらっしゃいます。

転職や開業の際には、ご家族とよく話し合い失敗しないよう話をすすめてください。

失敗事例

医師が転職したいと考える理由として多いのが、「医局から出たい」「医局のしがらみが嫌だ」「医局の人間関係に不満がある」などといった、医局関連の理由です。中には、教授との相性が悪かったり人事に不満があって喧嘩別れのような形で退局してしまう方もいるようです。ですが、医師が医局を離れて転職する場合には、失敗例も多いです。どのような場合に、医局から退局する形で転職しても失敗してしまうのでしょうか。

一番多い失敗としては、スキルが不十分なまま医局を退局してしまうケースです。医局というのは日本独自の制度だといわれていますが、医師の資格を持ってから腕を磨くためには最適の場です。指導してくれる上の医師もたくさんいて、さまざまな症例の患者さんも集まってきますので、経験を積むことができます。最近では、専門医の資格の有無というのも重要になってきていて、専門医の資格を取得する前に医局をやめてしまうと、その後の転職活動ではなかなかスキルをアピールすることが難しくなります。専門医でもない、経験も少ない医師は、高収入の案件などで雇ってもらいにくいですので、もしあなたがまだ専門医の資格を取得していない若い医師であるならば、医局の不満は数多くあっても耐えておいたほうが良いかもしれません。

失敗事例

医師転職の失敗事例【年収編】

医学部6年を経て国家試験に合格すれば、ほとんどの医師がまずは医局に入るというのが、日本の医師のスタイルでした。ですが、医局というのは日本独特の制度のようです。(大学によっては、医局でなく教室と呼ぶこともあります。)

医局に入ると何が良いのかというと、その組織の中で指導をしてもらえたり経験を積んだりすることができるということです。国家試験に受かったからといって、すぐに手術ができるわけではありません。専門医として医療技術を学んでいくのに医局という場が大きな役割を果たしていました。

しかしながら、最近では医局に入らないという選択肢や医局を離れるという選択肢を選ぶ人も増えてきています。しかしながら、医局を離れて年収が下がってしまうというケースも少なくありません。医局を離れれば、仕事は自分で見つけてこなくてはならないからです。医局が忙しすぎてブラック企業のようだと感じ、安易にやめてしまう医師もいますが、すぐに医局をやめてしまうと給与ダウンの可能性があることは知っておきましょう。

医局を離れても良い条件の就職先が見つかる場合というのには、いくつかのポイントがあります。まずは、条件交渉をきちんとできることです。高額求人情報が見つかっても、そこに就職できるのか、掲載されていた条件通りに働けるのかなどは、交渉次第です。間にエージェントを立てると良いでしょう。また、あなた自身が高額な報酬でも働きに来てほしいと思われる医師であることが重要です。専門医を取得している場合は、良い条件での転職に有利であり、医局を離れても報酬アップが期待できます。

失敗事例

医師転職の失敗事例【人間関係編】

医師というと一生モノの国家資格ではありますが、転職となると不安がつきものです。転職自体はできても、転職先の職場環境や待遇、人間関係が良くなくて、実質的に”失敗”したと感じる場合も少なくありません。

ひとつ、具体例をご紹介してみましょう。

年収や休日などの条件の改善を求めて転職をし、確かにそれらの条件は転職により改善されたお医者様がいました。もともとの職場は忙しさやストレスに対し、報酬が見合わないと感じていて、これからご家族にもお金がかかっていくこともあり、転職を決意されたということでした。

この方は、転職先では、年収は少し上がるし、忙しさも緩和されて家族と過ごす時間も確保できるだろうと考えていたのですが、転職先の雰囲気など、数字で表れないところまでリサーチできていなかったようです。人間関係が転職先でうまく構築出来ず、思うように働くことができず、うつ病一歩手前のところまできてしまい、結局その職場は退職されました。

転職というのはもともとめんどくさい作業ですし、一度の転職で疲れたと感じていたので、転職先では長く働こうと思っていたようですが、再度の転職を決意されました。

やはり、環境がよくても人間関係の問題は日々の事ですから精神的にまいってくるものです。せっかくなら、一度の転職で最も自分にあった職場を見つけたいところです。そのためには、医師専門の良い求人サイトを利用するなど、情報収集に力を入れてみませんか。

失敗事例

医師転職の失敗事例【待遇編】

お医者様の皆さん。もしあなたが今の職場に満足しておられないのなら、なぜ満足感が無いのか、一度考えてみてください。もしかすると、あなたが医師を志した理由を思い起こしてみると、あなたのご不満の理由が明らかになってくるかもしれません。

医師になりたいと思う理由としては、「親御さまが医師だから」「年収が良いから」「成績が良かったから」などももちろんあると思いますが、「人の命を救いたい」「〇〇という病気を治したい」などいう熱い思いを抱かれたこともあるでしょう。職場への満足度というのは、ポリシーが合っているかどうかというのも大きく関わってきますので、今の職場についてご自身で考えてみてください。そして、もし転職を考える際には、新しい職場のポリシーなどをしっかり検討してみてください。

転職をする場合、給与アップを最大の目的にしている方が多いです。けれども、転職サイトのコンサルタントにすすめられるまま、高いお給料を提示してくれたところに転職して、後悔している医師の方もいらっしゃいます。後悔する理由として多いのが、年収や待遇こそ良くなっても福利厚生などがマイナスだったとか、転職した病院に将来性が感じられないとか、いざ転職して働き始めてから病院のモラルが低いことに気付いてしまってもうここでは働きたくない、などです。給与などの数字に表れない部分にも着目して、コンサルタントともよく相談しながら、転職先を考えてましょう。

失敗事例

医師転職の失敗事例【給与編】

お医者様が転職を希望される理由のひとつに、給与アップがあると思います。医師という職業は、どんな医師でも世の中の他の職業よりしっかりお給料をもらえると思いますが、それでも上には上がいるもの。やはり、医師になったからには、今以上に高額な給与を提示してもらえる職場で働きたいと思われる方も大勢いらっしゃいます。

ですが、医師として転職をする際に、給与面だけにとらわれていては失敗することがありますよ。

私の知人の医師の方は、大学病院に勤めていたけれど、忙しいし、いろいろなしがらみがある割に、お給料に満足がいかないということで、コンサルタントの薦めてくれた別の職場に転職しました。けれども、お給料は確かに倍増(!)したようですが、キャリアダウンしてしまったと嘆いていました。もうちょっと大学で頑張れば良かったかな、失敗したかな……と後悔している面も無きにしもあらず、という感じでしたね。

医師にかかわらずですが、仕事というのはお給料だけでは決められません。医師の転職も、給与面以外に、勤務時間、夜勤の有無、残業代、バイトはしても良いかどうか、ママさん医師の場合などであれば保育所などの福利厚生はどうかなど、様々な点に注意して転職先を選ぶべきです。転職というのは時間もエネルギーも必要ですから、うまくいかなかったから次、というのも嫌ですよね。しっかり検討してから転職してください。