失敗事例

医師転職の失敗事例【転職先の労働環境が良くなかった…】

「転職すればもっと楽になる」「転職すればもっと給料が上がる」と思って転職する医師は多いです。しかしながら、中には失敗してしまう例もあります。あなたが転職の際に失敗しないよう、失敗例をご紹介しますので、参考にしてください。

転職したものの、転職先の労働環境が良くなかったという事例をご紹介しましょう。

ある医師が、医局の人間関係、特に上司との関係がうまくいかなくて転職を決意しました。給与も上がりそうだし、今度こそ毎日しっかり働けると思っていたのですが、新しい職場は人手不足で、スタッフが多忙を極めていました。もちろん、当直も多く、プライベートなど無いに等しいくらいです。どうやら、多忙すぎる職場環境に耐えられず、スタッフの入れ替わりが激しい職場だったようです。だからこそ、良い給与条件での求人が出ており、すぐに転職できたわけです。しかしながら、この医師がそのことを知ったのは、転職後、実際に働いてみてはじめて……だったわけです。求人情報に掲載される条件の字面だけでは、実際の職場環境について知ることはできなかったのですね。

このように、求人情報の条件だけでは魅力的に思えても、実際に働いてみると転職先の労働環境が良くなかったということはあり得ます。転職を決める際には、実情まで調べたうえで決めましょう。