失敗事例

医師転職の失敗事例【医局編】

医師が転職したいと考える理由として多いのが、「医局から出たい」「医局のしがらみが嫌だ」「医局の人間関係に不満がある」などといった、医局関連の理由です。中には、教授との相性が悪かったり人事に不満があって喧嘩別れのような形で退局してしまう方もいるようです。ですが、医師が医局を離れて転職する場合には、失敗例も多いです。どのような場合に、医局から退局する形で転職しても失敗してしまうのでしょうか。

一番多い失敗としては、スキルが不十分なまま医局を退局してしまうケースです。医局というのは日本独自の制度だといわれていますが、医師の資格を持ってから腕を磨くためには最適の場です。指導してくれる上の医師もたくさんいて、さまざまな症例の患者さんも集まってきますので、経験を積むことができます。最近では、専門医の資格の有無というのも重要になってきていて、専門医の資格を取得する前に医局をやめてしまうと、その後の転職活動ではなかなかスキルをアピールすることが難しくなります。専門医でもない、経験も少ない医師は、高収入の案件などで雇ってもらいにくいですので、もしあなたがまだ専門医の資格を取得していない若い医師であるならば、医局の不満は数多くあっても耐えておいたほうが良いかもしれません。