失敗事例

医師転職の失敗事例【退局時にもめた…】

医局というのは、日本独自の医学を伝授する機関でしたが、2004年に法律が改正されて以後、医局は必ずしも絶対の存在ではなくなりました。しかしながら、やはり医師の世界というのは狭いもので、医局の影響力というのは依然として大きいものです。退局時にもめたことによる医師転職の失敗例をご紹介しましょう。

医局をやめたい、転職したいと医師の皆さんが思われるとき、たいていの場合は教授や同僚との人間関係が悪かったり、望むだけの経験をさせてもらえなかったりといった不満があるからです。しかしながら、いざ医局をやめるとなったときに、もう縁のないところだからと、これまでに蓄積してきた不平不満をぶちまけたらどうなるでしょうか。

後進のためと思って、今の医局の問題点などを洗いざらい話して辞めたというお医者様がおられるのですが、これが実は大失敗です。転職してからも、「あの先生は医局を勝手に辞めた」「教授と喧嘩別れしたらしい」「みんな耐えてきている医局なのに、あの先生は忍耐力が無いに違いない」などという悪い評判が、医局を辞めた後、ずっとついて回ってしまっているのです。

ですから、医局を辞めて転職する場合には、円満退局を目指しましょう。どんなに医局や教授に不満があったとしても、それらの不満は一切口にせず、「実家の親の介護があるので引っ越す」とか「妻の転勤に合わせてやりたい」とか、個人的な理由を掲げて辞めると、円満に退局できますよ。